最新記事一覧

グランプリ観戦の魅力

エフワン

観光も楽しめる

F1を現地観戦する魅力は、迫力あるF1のレースを間近で見られる事だけではありません。国ごとに異なるグランプリの雰囲気や、観客の観戦スタイルを肌で感じられますし、空いた時間でその国の観光地を巡る楽しみもあります。チケット手配などが手軽なツアーに参加するのもいいですが、自分なりのプランでF1現地観戦を満喫するのも一興です。モントリオールで行われるF1のカナダグランプリも、レース観戦以外にも魅力が沢山あるグランプリです。そこでカナダグランプリを観戦しに行った場合に、お勧めしたい観光スポットやレジャーについてご紹介します。モントリオールはカナダの東部にあるケベック州都市で、カナダ国内でもトロントに次いで第二位の人口と経済規模の大都市です。住民の大半がフランス系で、フランス語を母語とする人の割合が多数派です。街並みも石畳の道路や石造りの住宅などヨーロッパの雰囲気を漂わせ、英米的な文化が強い北米域にあっては異国情緒にあふれています。特に旧市街と呼ばれる地域には、カトリック様式のキリスト教の教会が多数存在しています。中でもノートルダム聖堂は北米最大のカトリック聖堂であり、煌びやかな内観は多くの観光客を惹きつけています。またカナダグランプリが行われるノートルダム島も、レジャースポットとして特に市民の憩いの場として親しまれています。万博のために造られた人工島であり、現在は大部分が公園として開放されています。また公営の賭博場であるモントリオールカジノも設置されています。海外旅行の楽しみの一つに現地の料理がありますが、美食の国フランスの影響が強い事もあって、フレンチ由来の美味しい食事がたくさんあります。移民が多いため各国のレストランも豊富なので、好みにあった食事を楽しめるでしょう。